1995年(平成 7 年)に制定され、1996年(平成8年)から施行された日本の国民の祝日の1つで ある「海の日」
(祝日化 される前は、海の記念日として昭和 16 年から制定。)
海は、地球上の 7 割を占める表面積で、世界の国々の中で「海の日」を国民の祝日としている国は唯一、海洋国日本のみです 。
「海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日」という「海の日」本来の意義を再認識する機会として、
毎年、海にゆかりのある自治体で「海フェスタ」が開催 されています 。
「海フェスタ」は海に親しむ環境づくりを進め、広く国民の海に対する関心を喚起するとともに地域観光振興による、交流人口の増加が図られることによる、地域の活性化へつなげるものです。
また、海上自衛隊では、基地・一般港湾等に停泊している自衛艦において、朝8時から日没まで満艦飾が行われたりします 。
「海の総合展」は海フェスタの主要事業であり、「海のことをわかりやすく、楽しみながら学べる」をテーマにしたパネル展や、模型展示を実施致します。
海に縁のある団体のブース展示、清水港の「過去・現在・未来」がわかるセミナー、「海の日絵画コンクール」入賞作品展示など、海の恩恵に感謝するとともに、港を中心とした地域活性化を目指す内容となっております。
COPYRIGHT
清水港開港120周年記念事業実行委員会 事務局
清水港開港120周年記念事業実行委員会 事務局
(静岡市経済局海洋文化都市推進本部 開港120周年事業推進室内)
〒424-8701 静岡市清水区旭町6番8号
TEL.054-354-2344