2019年2020年2月1日

清水港開港120周年記念シンポジウム
清水港とお茶と自転車の不思議な関係

  

開催期間

2020年2月1日(土) 

13:30  -  16:30  
     

イベントの詳細

清水港を有する静岡市は「お茶のまち静岡」「世界水準の自転車都市"しずおか"の実現」を掲げているが、清水港とも深い結び付きがある・・・。港を玄関口にモノや人が行き交い、新たな文化・産業が形成されてきた静岡・清水。

清水港開港120周年記念事業実行委員会は、この記念すべき年に、私たちの街がどのように成り立ってきたかを様々な角度から振り返りながら、これからの"みなとやまち"について考える、そんなキッカケとなることを願いながらこのシンポジウムを開催します。

開催日時:令和2年2月1日(土)13:3016:3013:00開場)

プログラム:開会あいさつ

  基調講演「明治期における静岡県と清水港」

  講師:静岡県立大学グローバル地域センター特任教授 粟倉 大輔氏

  パネルディスカッション


 

 

会場

 

〒424-0823 

静岡市清水区島崎町214

清水文化会館マリナート 小ホール

 

お問合せ

TEL 054-354-2344

チラシ裏面の参加申込書に必要事項を御記入の上、FAXまたは郵送にて送付。

申込期限:1月24日(金) ■FAX054-353-1022

郵送先:静岡市清水区旭町6-8 清水港開港120周年記念事業実行委員会事務局

       (静岡市経済局海洋文化都市推進本部内)

参加料無料、定員290

 

チラシPDFデータはこちら

event-2020201.png